納税の手順

共通納税の手続きには、収納機関番号や納付番号などの納付情報が必要になります。
eLTAXの共通納税では、まず最初のステップで納付情報を発行するための手続き(「納付情報発行依頼」といいます。)を行い、次のステップでポータルセンタから発行された納付情報を受け取り、最後のステップで受け取った納付情報をもとに納税を行います。

事前準備

納税を行うためには、対象の地方公共団体全てに利用届出の提出が必要です。
PCdesk(DL版)の利用者情報メニューの「提出先・手続き変更」より、提出先及び税目等手続きの追加をします。

  1. Step1納付情報の発行依頼を行う

    申告データ又は納付用の基本情報を入力して、納付情報の発行依頼を行います。

  2. Step2納付情報を受け取る

    納税者が納付情報を受け取り、確認します。
    (代理人も確認可能です。)

  3. Step3納税を行う

    ダイレクト納付やインターネットバンキング、ATMなどにより納税を行います。
    (金融機関により、利用可能な納税方法が異なります。)

納付済の確認方法

納税手続完了後、「納付完了通知」がメッセージボックスに格納されます。

  • 納税できなかった場合、残高不足などの「エラー通知」が格納されますので、必ず納付状況(エラー情報)の確認をお願いします。
  • 納付日を指定して納税された方は、指定した期日の午前中にメッセージボックスの内容をご確認ください。
  1. トップ
  2. 共通納税
  3. 納税の手順